当院では日帰りによる白内障手術を行っています
白内障とは
ご高齢になってくると、見えにくい、かすむ、まぶしいなどの白内障の症状が出てきます。 白内障というのは加齢により目の中にある水晶体という組織が濁ってくる病気です。本来は透明である水晶体が濁ってしまうと、光をきちんと通さないために見えにくい、かすむ、まぶしいなどの症状が生じます。

白内障手術について

目の手術の場合、全く不安を感じることなく治療を受けて頂ける方は少ないと思います。さだ眼科では手術に伴う不安をすこしでも取り除けるように、今までの豊富な経験をもとに手術前にしっかり時間をかけて治療内容をご説明いたします。不安なことや分からないことがあれば、どうぞ遠慮無くご相談下さい。 当院では、地域の患者さまのニーズにお応えできるよう、医療法人化するとともに最新の検査機器や手術機器を備え、スタッフ一同細心の注意を払って治療を行い、安全な手術となるように努めます。

白内障手術の内容

白内障手術では水晶体の濁り(=白内障)を取り除き、人工の眼内レンズを挿入します。
当院では日帰りによる白内障手術を行っています。目薬による局所麻酔を行い、通常は5~10分程度で手術が終了し帰宅していただけます。
両眼の手術を行う場合は、先に手術した眼の状態が安定するまで数週間の間隔をあけます。


眼内レンズ

濁った水晶体(=白内障)の代わりに挿入する人工レンズをIOL(眼内レンズ)と言います。
どこにピントを合わせるか、ご自分の生活スタイルに合ったレンズを選択することが非常に重要です。
すべてのピントが合うわけではありませんし、手術前から存在する角膜乱視はそのまま残りますので、手術後も多くの場合は薄いメガネは必要になります。

多焦点眼内レンズ

白内障手術で用いるレンズは、一般的には単焦点の眼内レンズのためピントが合う範囲は1点です。このため術後にも老眼鏡などの眼鏡が必要になります。
この欠点を補うレンズが多焦点眼内レンズです。このレンズにより、遠くと近くの両方にピントを合わせることができるようになり、老眼鏡に頼る程度を軽減することが可能です。
当院では、多焦点眼内レンズの特徴をよくご理解頂いた上で、最適な眼内レンズをご提供させていただきます。

見え方の特徴

遠くと近くの両方にピントを合わせることができるようになり、老眼鏡に頼る程度を軽減することが可能ですが、近方と遠方に光を振りわけるために薄暗い場所で見え方が少しぼんやりする傾向を持っています。 手術後、慣れるまでにある程度の時間がかかる場合があります。

術後の日常生活で眼鏡が必要なくなった方もたくさんおられますが、見え方には個人差があり、また満足度も異なります。そして、細かい文字を見たり、精度の高い手作業のお仕事をされる場合には、老眼鏡が必要になるケースもあります。夜間の運転時にはハロ・グレアという光のにじみ・ぼやけ・まぶしさを感じることが多く、夜間に運転を頻繁にされる場合は多焦点眼内レンズをお勧めしない場合もあります。

先進医療認定施設について

当院は厚生労働省から認められた先進医療施設ですので「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)」 を先進医療として受けていただけます。多焦点眼内レンズを使用する場合は、手術費用のみが自己負担(片眼48万円)となり、検査・診察・薬の費用は健康保険が適用されます。また、先進医療特約に加入されている方は、保険会社より手術費用が給付されます。

先進医療で多焦点眼内レンズを受けられる患者さんへ

先進医療特約の確認

手術の名称は「多焦点レンズを用いた白内障手術」です。必ず術前に保険会社にご自分で問い合わせていただき、先進医療特約で給付金(手術費用は片眼48万円)が支払われるか確認してください。

手術費用について

手術費用のみが自己負担(片眼48万円)となり、検査・診察・薬の費用は健康保険が適用されます。

単焦点レンズへの切り換え

レンズを支える土台が弱い人は、多焦点レンズが挿入できず、手術中の判断で健康保険での単焦点レンズを使用する場合があります。(100人に1人程度)
また手術する前から土台が弱いことが明らかな場合は多焦点レンズを用いた白内障手術をお勧めしておりません。

術後の見え方

多焦点レンズの見え方に慣れるにはある程度の期間が必要です。術後1ヶ月から3ヶ月くらいでよくみえるようになる場合が多いです。
術後の日常生活で眼鏡が必要なくなった方もたくさんおられますが、見え方には個人差があり、また満足度も異なります。そして、細かい文字を見たり、精度の高い手作業のお仕事をされる場合には、老眼鏡が必要になるケースもあります。夜間の運転時にはハロ・グレアという光のにじみ・ぼやけ・まぶしさを感じることが多く、夜間に運転を頻繁にされる場合は多焦点眼内レンズをお勧めしない場合もあります。

ハロー・グレアについて

夜間の運転時にはハロ・グレアという光のにじみ・ぼやけ・まぶしさを感じることが多く、夜間に運転を頻繁にされる場合は多焦点眼内レンズをお勧めしない場合もあります。

多焦点眼内レンズの注意点

多焦点レンズは光を遠くと近くに割り振っていますので、暗いと見にくかったり、見え方のシャープさは単焦点レンズにやや劣ります。

追加手術について

術後の屈折ずれ(近視や遠視が生じてしまうこと)が大きい場合はLASIKなどの追加手術が必要になる場合があります。また術前検査で術後の屈折ずれを生じることが予想される場合は多焦点レンズを用いた白内障手術をお勧めしておりません。

後発白内障について

手術後にも手術前のように霞んだり、見えにくくなることがあります。
これは眼内レンズを包んでいる水晶体嚢という部分が混濁するためで、手術後に生じるので後発白内障と呼びます。
濁りを生じてきましたら外来にてレーザーで治療します。
痛みもなく、ほんの数分で治療が可能です。
もう一度白内障手術を受ける必要はありませんし、このレーザー治療後に濁りが再発することもありません。